LAMYのFニブと色彩雫の組合せはインクの減りが早い
Tuesday,August 12,2014

LAMYのFニブと色彩雫の組合せはインクの減りが早い

Lamy_alstar_eye

すでにシッカリとハマってしまった感のある万年筆の世界。
仕事やプライベートの使い分けや別の色のインクも試したくなってきました。


どんなものにしようか迷いましたが、MacBook Airに合う1本が欲しくなり、LAMYアルスター グラファイトを購入しました。



LAMYアルスター グラファイト


MacBook Air本体と色が近いため、見た目的にはGoodです。


IMG_1449

LAMYサファリと比べると、本体がアルミで出来ているため重さの違いがはっきりと分かります。


IMG_1450

グリップ部分が黒半透明のプラスチック出できています。


ニブは今回、Fニブを選択しました。
ステン製で硬いのですが、実際使ってみるとEFニブより引っ掛かりがなく、滑らかな書き味で書きやすいです。太さも調度よい感じで、手帳など細かい文字を書く必要がないのであれば、Fニブで書いたほうが見やすく、インクの濃淡も楽しめます。




パイロット色彩雫「土筆」


インクは、パイロットの色彩雫シリーズから、「土筆」を選びました。
「山栗」と迷いましたが、普段のメモ書きなどに使うだけなので、明るい色を選択しました。



色彩雫シリーズは、色が豊富で使ってみたい色がたくさんあります。


iroshizuku<色彩雫> | 筆記具 | 万年筆 | インキ | 製品情報 | PILOT

万年筆本体と色の組み合わせだけでも、いろいろと楽しめます。




ニブの汚れとインクの減り


見た目も使い心地も満足しているのですが、ひとつ不満もあります。


・ニブが頻繁に汚れる


IMG_1451

キャップの中は汚れていないので、漏れているというわけではないようですが、必ずと言ってよいほど使い始めにキャップを外すと汚れています。



・インクの減りが速い


IMG_1452

ニブの汚れと関連があるかは分かりませんが、インクの減りがかなり速いです。


LAMYサファリのEFニブ、LAMYブルーブラックインクのものと併用していますが、比べても明らかに速いです。



まとめ


メーカー違いのインクを使っているのでなんとも言えませんが、たまたまこの組み合わせで使うと、インクの粘度やニブとの相性でこのような症状が出てしまうのかもしれません。
他に原因があるのかもしれないので、別のインクとの組み合わせをいくつか試してみようと思います。


同じような症状が出るようであれば、万年筆本体側の問題も考えてみようと思います。











posted by taks at 10:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。