Macの装飾キー記号を入力する方法
Tuesday,July 26,2016

Macの装飾キー記号を入力する方法

MacKey_eye

Macの装飾キーは、shiftキー以外はWindowsと全く違います。
機能的には似た機能を持っていますが、ショートカットキーを使うことが大前提にあるMacでは、組み合わせの多様性から装飾キーも多くなっています。

ショートカットキーの説明などで、commandキーは「⌘」と記号で表すことが多いですが、デフォルトではshiftキー「⇧」やoptionキー「⌥」は変換候補に出てきません。

辞書機能を使うと候補に出てくるようになるので、登録してみました。

登録方法

普段 Google日本語入力を使っていますので、説明は Google日本語入力での登録方法です。
ことりえでもほぼ同じ方法で登録可能です。

記号の場所

MacKey001
Google日本語入力のメニューから「文字パレット...」をクリックします。

MacKey002
文字パレットが開いたら、左カラムの「 Unicode 」を展開します。

MacKey003
展開された中にいろいろな言語や記号のサブグループがありますので、その中から「矢印」を選びます。
shiftキーの記号があります。

MacKey004
「矢印」の少し下方に「その他の技術用記号」というサブグループがあります。
optionキーの記号があります。

MacKey005
記号をワンクリックすると、クリップボードに送られますので、辞書に登録していきます。

この方法で使いたい記号や文字をどんどんクリップしていくと良いでしょう。
クリップボード履歴や定型文を登録しておける支援ツールがあると便利ですね。

CopyClip - Clipboard History Manager
価格: 無料(記事公開時)
サイズ: 1.8 MB
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化

CopyClip 2 - Clipboard Manager
価格: ¥600(記事公開時)
サイズ: 4.8 MB
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

Paste – smart clipboard history & snippets manager
価格: ¥1,200(記事公開時)
サイズ: 8.1 MB
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

Clipy

辞書ツールへ登録

MacKey006
「辞書ツール...」を選択します。

MacKey007
「辞書ツール」では、連続して入力ができますので、クリップボード支援ツールがあると複数登録が簡単にできます。 「よみ」の欄に、呼び出したい名称を入れて、「単語」の単にクリップした記号を入れます。

これで登録完了です。

MacKey008
実際に使ってみると、こんな感じで変換候補に現れます。

まとめ

Macでは、ショートカットの説明などで頻繁に目にする記号ですが、意外にも標準のことりえですら、デフォルトでは記号入力できないという謎仕様です。

ブログなどMac関連の文章を書く必要がある人は、必ずと言ってよいほど必要になる記号ですね。
一度登録をしておけば、あとは意識せずに使えますので、是非登録をおすすめします。

ことりえの辞書にも同じように登録しておくと、iCloud経由でiPhoneなどでも使えるようになるので、こちらもお勧めです。

Google日本語入力

CopyClip - Clipboard History Manager
価格: 無料(記事公開時)
サイズ: 1.8 MB
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化

CopyClip 2 - Clipboard Manager
価格: ¥600(記事公開時)
サイズ: 4.8 MB
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

Paste – smart clipboard history & snippets manager
価格: ¥1,200(記事公開時)
サイズ: 8.1 MB
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

Clipy



posted by taks at 08:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。